FC2ブログ

クライストチャーチ通信。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

2010年10月の記事一覧

春の遠足 





先日先輩Kさんとお友達のKさんとお弁当を持って遠足に行ってみました。

場所は クェール島。

リトルトンの町からすぐそこに見えているのに
3人とも行ったことがない、という未知の島。

クェール島へのフェリーは1日1便。
NZが連休中だったこともあってか、家族連れが多く
フェリーには私達以外にも30人くらいは乗っていました。

お昼頃にリトルトン港を出発。
とっても近くに見えているのに、フェリーで揺られること20分。
(意外と時間かかるのね)
未知の島へと上陸しました。

この島は昔からクライストチャーチにとって重要な島でした。
リトルトン港に入港する前に開拓者達や彼らが持ち込んできた家畜などの検疫の場所であり
伝染病にかかった人達の隔離場所であり、
昔の南極探検隊の犬ぞりの訓練場所に使われたり・・・

と小さい島の割には歴史のある場所でも知られています。

1周2時間ほどで回れるこの島にはところどころ、こういった歴史の名残を見ることができます。

私達を下ろした後のフェリーは
「じゃ、今日は15時40分に迎えにきます。たぶん遅れるかもだけど」
と遅刻宣言(?!)をして、私達を置いてまた本土へと戻っていきました。

まさに私達、「隔離」状態。。。

その間3時間ほどですが、1周歩くには十分な時間でした。
途中、野鳥と出くわしたりしながら植樹されてる横を通り、断崖絶壁を眺めながら
半分ほど歩いたところで、お弁当の時間。
近くにいた家族連れと、お互い持ってきたケーキの交換をしたりしながら休憩。
ほのぼのとした時間でした。

島にはフェリーでやってきた人達以外にも
ジェットスキーをしにやって来てる人や
どこからやって来たのかカヤックできてる人もいました。

そしてフェリーは遅刻宣言をしていた通り、約20分ほど遅れてやってきました。
乗り遅れる人もなく、皆それぞれの時間を楽しんできた様子でした。
そして再びリトルトンへ。

クライストチャーチからとっても近い場所なのに
船に乗るからか、遠出をした気分になった春の遠足でした。

                     TMK

1枚目・・・フェリー。ワイルドライフクルーズで知られるブラックキャットで運営されてます。
2枚目・・・クェール島の全体図
3枚目・・・島から見たバンクス半島。右端にはリトルトンが写ってます。
4枚目・・・この写真の中だけで6隻の難破船が写っています。

お天気がもっと良ければ、きっと青い海の景色でキレイなんでしょうね。

カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: 0    CM: 0