クライストチャーチ通信。

12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02

2012年01月の記事一覧

ワールドバスカーズフェスティバル 

DSCN6079.jpg
DSCN6077.jpg
DSCN6080.jpg
DSCN6115.jpg
DSCN6126.jpg
毎年恒例の”ワールドバスカーズフェスティバル(世界大道芸人フェスティバル)”が、
10日間の全プログラムを終え、昨日終了いたしました。

今年もNZ国内はもちろん、
オーストラリアやアメリカ、カナダ、ドイツ、イギリス、アイルランドやイスラエル、日本など
世界中からたくさんの大道芸人の人達がやって来ました。

今年のメイン会場は、いつもの大聖堂広場から(未だに立入り禁止区域)
北ハグレー公園に場所を移して、
植物園やカジノ、ニューブライトンなどなど
その他市内にあちこちある会場で市民の人を笑わせていましたよ

その中には
去年の優勝者のイギリス人と日本人コンビの”FunnyBones(ファニーボーンズ)”
もやってきていました。

会場によっては無料で楽しめたり、
寄付金を入場料とする会場があったり、
お酒売り場や屋台が出ていたり、
ちょっと大人な内容で18歳未満お断りの会場があったり様々です。

各会場でそれぞれのパフォーマーの時間が設定されているので
自分達のお目当てのショーを見にでかける人達もいます。

このワールドバスカーズフェスティバルは
会場と観客の距離が近いこともあって
よく観客の人がパフォーマーに指名されてステージに上げられる姿を目にします。
その上げられた観客の人達は、もちろん一般人。さくらでもありません。
なのに、みんなノリがいい!!

きっと、日本でこれをやると、日本人は恥ずかしがってなかなかやらないだろうなぁ~

ということも、NZ人はノリノリでやっちゃいます。
しかも時にはアドリブで(笑)

それがまた観客を笑わせるんですね

さて、今年の優勝者はどなたになるんでしょうか?
NZ人と海外からやってきた大道芸人の方とそれぞれに優勝者が決められるようですが、
賞金はそれぞれに$2500の賞金と来年のフェスティバルへの招待が与えられるそうです。
今週の土曜日に発表されるようです。
FunnyBonesのお二人は果たして2冠になるのでしょうかね。
それとも別の日本人パフォーマーのDaichiさん?!

大道芸人の皆さん、クライストチャーチ市民は大いに笑わせていただき、
皆元気をもらったと思いますよ。
また来年を楽しみにお待ちしております。

来年1月にクライストチャーチにご旅行に来られることがあれば
ぜひ皆さんも彼らのパフォーマンスで笑わせてもらってくださいね。


                  TMK

1枚目・・・北ハグレー公園に作られたステージ
      ここは19時からのみOpenする限定ステージでした。
      写真の2人は司会進行もするアメリカ出身のパフォーマー

2枚目・・・ステージ周辺にあった屋台ですが、
      なかにはかつて大聖堂広場に出ていた懐かしいお店も。

3枚目・・・1枚目のステージのショーを見にきた大勢の人達

4枚目・・・週末のみ行われたニューブライトンの会場
      (前回投稿したカイトフェスティバルの側でやっていました)
      一般人が呼ばれて参加しちゃいました。

5枚目・・・"FunnyBones"
      左がイギリス人で右が日本人のコンビ。真ん中は指名をされて参加した一般人。

写真はクリックすると全体で見ることができます。






カテゴリ: 旅行全般

[edit]

TB: 0    CM: 0