FC2ブログ

クライストチャーチ通信。

09« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»11

2013年10月の記事一覧

ロブロイ氷河トラック=期間限定クィーンズタウン便り= 

ちょっとクライストチャーチを離れて
クィーンズタウンに来ているので、せっかくだから
期間限定で”クィーンズタウン便り”もお届けしようと思います

まずはいきなりクィーンズタウンではなく(笑)
クィーンズタウンから車で1時間ほどのワナカ周辺から。

DSC_0026.jpg
スキーリゾート地としても有名なワナカ。
キレイな青いワナカ湖が印象的です
この日もめちゃくちゃ天気が良くてキレイでした~

そこからどこに行ったかというと・・・

ロブロイ氷河トラック

往復3,4時間のコースです。

ずっと前から行ってみたかったので
クィーンズタウンの友人ガイドさんに
に連れて行ってもらいました。

スタート地点までワナカの町を過ぎてから、
さらに奥へ車で1時間走ります

途中からは未舗装の道路に入り・・・
DSC_0031.jpg

DSC_0033.jpg

牧場から出てきて(?)道路まで来ている牛達に
時々にらまれながら進んでいきます
DSC_0035.jpg
にらまれても、NZっぽい景色ですねぇ

この2日前まで大雨が続いていたこのワナカとクィーンズタウン方面。
未舗装の道路には小川ができて、いたるところで水没していました。
DSC_0040.jpg

だ・・・だいじょうぶ・・? 
と思いながら
それを車で思い切って突き進みます。

そしてやっと到着した駐車場。
トイレも済ませて、歩く準備をして
そこから牧場にお邪魔させていただきます。
DSC_0043.jpg

DSC_0047.jpg

DSC_0078.jpg
はろ~、羊ちゃん達~
子羊がいる時期なので、いたるところにぼーっとしている子羊たちがいます。
近づいても全く逃げないこの子達。
警戒心ゼロ。のんびりしてますねぇ~

DSC_0048.jpg
スタート地点までは川沿いを歩くので気持いいです

DSC_0049.jpg
そしてやって来たスタート地点。
向こうに見えるつり橋を渡って、森の中を歩き進みます。
DSC_0052.jpg
つり橋から見える絶景です。
きゃっほぉ~い!

さらに進み・・・

DSC_0054.jpg
ちょっと景色が高くなっただけでも、キレイな風景が見れます。

さらにさらに進むとだんだん西海岸っぽい森の中に入ります
DSCN3771.jpg

DSCN3772.jpg

苔むした木々とたくさんのシダが西海岸に来たことを改めて思わせてくれますね。

気持いぃ~!

と歩いていると、前からやってくる人達と「はろ~」。

しかし・・・その後に出てくる言葉が・・・

Aヤングカップル「この先、落石があってとても滑りやすいところがあるから気をつけてね」

え・・・・?落石か・・・。雨も多かったしな。

Bご老人カップル「気をつけて。一部とっても滑りやすいよ。僕達は諦めて引き返すよ」

え・・・?行かずに引き返してきた???

C中年カップル「とりあえず気をつけて。地すべりがあって、上るのは簡単なんだけど、下るのが結構むずかしかったのよ。でも気をつけてれば大丈夫と思うよ」

え・・・?落石、地すべり、下りが大変・・・??

どういうこと???

ちょっと不安になりつつも、まぁ、とりあえず行っておこ。
そう言いながらも、行って帰ってきてる人がいるんだし。

DSCN3778.jpg

来たーーーー!
皆が口々に言っておしえてくれたのはここだよ!

・・・・。一瞬固まった私達でした。

よーく見ると、トラックの一部が崩壊してる・・・。(真ん中辺りです)
DSCN3779.jpg

うっそぉ~・・・
どう見ても、ドロドロな感じで滑りやすそう・・・。

ま、行ってみるか。

ちょっと怖い・・・。

でもどうにか上ることはできました。

はぁ~。どうにか通過。

更に進み
DSCN3758.jpg

DSCN3785.jpg
だんだん川も遠くなり・・・

到着~!!!!

DSC_0058.jpg

DSC_0065.jpg

ゴールに来た時にはすっかり天気が変わり
雲ってしまったけど、
氷河のあの青色ははっきりしていて、とてもキレイでした

この景色を見ながら持ってきたランチを食べ、贅沢な時間

DSCN3764.jpg
雪崩も起こっていました。

ランチを食べてる間も、意外とたくさんの人達がやってこの景色を楽しんでました。
やっぱり外で食べるランチは美味しいなり~

そして、この景色を楽しんだ後は・・・

あの危険地帯を行かないといけないので
最後には出たくない私達。

後ろ髪をひかれながら去ることに。。。

言うまでもなく、あの危険地帯は途中あった中年カップルの方が言ってたように
下りは泣きそうなくらいの超恐怖・・・。
先を行ってた優しいお兄さんがヘルプして
ずるっって落ちそうになっても支えてくれたので、無事生還したのでした。
本当にありがと~、お兄さん!!!


            (TMK)

ブログランキング参加中。いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



カテゴリ: トレッキング

[edit]

TB: 0    CM: 0