FC2ブログ

クライストチャーチ通信。

03« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»05

2014年04月の記事一覧

カウリコースト =カウリウォーク編= 

カウリの知識も十分学び、いよいよご対面の日

お天気も暑いぐらいの快晴
まずはルックアウトポイントへ
DSC03211.jpg
鬱蒼と茂る森。
ニュージーランドは元々こんな森だらけだったなんて信じられない光景。

開拓者達はイギリスを出る前に、”牧草地でいっぱいの新天地”という言葉を信じ、夢見てやってきたという。
ところがやってきてみると森だらけ…
仕方ないから牧場を作る為に森を切り開き始めた、というわけ。
カウリの木も次から次へと伐採されていったことを博物館で学びました…
(カウリコースト=博物館編= ⇒こちら

これがルックアウトポイントに植樹されていたカウリの木。
DSC03214.jpg
小さく見えるけれど植樹されてから40年弱のもの。
どれだけ成長が遅いのか想像つきますか?

いよいよカウリウォークと名付けられたコースを歩きます
このカウリウォークでは、テ・マトゥア・ナヘレ(森の父)、フォーシスターズ、ヤカスを見ることができるんです!

ウォーキングの前には...
DSC03217.jpg
カウリの木を守る為に靴の裏を消毒します
巨木のカウリですが、根は浅く傷つきやすく、また靴の裏についた細菌などから感染しないためです。
もちろんウォーキングコースをはずれてしまうことは厳禁!

久しぶりの森がと~ってもキモチいい
DSC03222.jpg

シルバーファーンもキレイなんです、ほんと。
1_20140420161138373.jpg

分岐点に来ました!
DSC03223.jpg

唯一触れて感じることができる”ヤカス”へ。
ヤカスまでは分岐点から30分弱歩くためか誰も歩いてなかったな。
でも、肌で感じれるのはここだけ!見逃せませんよ~

DSC03256.jpg
わかります?この大きさ。
それも突然現れるんですよ~!
遠くから”あれだっ!”って発見することなく、ほんとに突然視界に入ってくるんですよ!

これでも、7番目に大きいヤカスです!
DSC03243.jpg
時間の許す限り、触れながらヤカスに話しかけて感じてみました。

次はフォーシスターズ。
DSC03263.jpg
細いながらも4本のカウリが寄り添っています。
同じ栄養源で4本のカウリが育つのは珍しいのだとか。

そして、いよいよ森の父、テ・マトゥア・ナヘレ
DSC03266.jpg

森の父、というだけあって、ず~っしりと構えていました。
まるで私達が来るのを待ってくれていたかのよう。
DSC03275.jpg
推定樹齢は2000年!
2000年ですよっ!!!

この場所から先へは行くことができません。でも、存在感十分。
これだけ距離があってもテ・マトゥア・ナヘレを感じれます。
DSC03270.jpg
森の父が静かに見下ろしてくれていました。

次はいよいよ森の神、タネ・マフタへ!

つづく...

HTM

ブログランキング参加中
いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

[edit]

TB: 0    CM: 0