クライストチャーチ通信。

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

このページの記事一覧

ワイルド☆ワナカ 

***本日のブログはちょっとグロい写真を載せてるので、苦手な方はここで退出して下さい(笑)***

ワナカに到着した日にお友達の子供(7歳♂)から、

”HTMはいつまでいるの?!”

って聞かれ、

”日曜日には帰らないとね~っ”

っていうと、

”じゃぁ、行けるねっ!”
と、何かをすご~く楽しみにしている様子。

?????
何のことかさっぱりわからない私。

どうやら私がワナカに滞在した週末は、ハンティングのコンペティションが行われていたみたい。
私のお友達のパートナーもハンティングが趣味。
パートナーに聞くと、木曜日の夜からハンティングを始めることができて、日曜日の午後3時が締切。
それまでの間にハンティングした獲物を持ちこんで、誰が一番大きいサイズを獲たか、というルールは至ってシンプル。
ワナカらしい、ワイルドなイベントだな~

お友達の家から歩いて3分。
地元のパブに続々と車が到着
DSC05486.jpg

トレーラーや、4区の荷台にはそれぞれの獲物が積まれ持ち込まれ、まずはフォークリフトでその重さを計るみたい。
DSC05481.jpg

小学生ぐらいの男の子が自分の獲物を持ちこむことも
DSC05482.jpg
男の子の獲物は、ポッサム。
久しぶりに”形のある”ポッサムを見たな~(笑)いつも車に轢かれてしまった後しか見ないので…
ワナカの子供達はこの環境で育っているので、彼らにとってはハンティングなんて日常茶飯事なんだろうな~

シカ、ウサギ、ヤギ、ブタ、ハト、ポッサム、そして、ワラビーも狩られてた。
DSC05485.jpg

重さを測った後は、捕獲者の名前と重さを書いた札を各獲物に取りつける。
DSC05495.jpg

そして、吊るす...
DSC05494.jpg

ここまでで、タイムアップ
ワナカを出発する時間になってしまった...

きっとこの後、誰が一番大きいサイズの獲物をゲットできたか、表彰式が行われていったはず。
最後まで見届けたかったっ!

3泊ほど、山の中で過ごしてきた男達が町へ戻り美味しそうにビールを飲んでいたのと、
子供達が狩られてきた獲物に物怖じしてなかったのが、とても印象的な日曜日の午後でした。

ワイルドなワナカ生活
ますます、好きになってしまった

HTM

ブログランキング参加中
いつも応援ありがとうございます
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村



カテゴリ: 生活

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bigfunnz.blog105.fc2.com/tb.php/924-42a077e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)